北海道在住Mさんと横須賀ぷちツー

あっと言う間の4時間半 2007.2.25 走行

やっとお会い出来たMさん

 メールでやり取りしていた北海道釧路在住のMさんは、私と同じBMW R1200RT乗り。バイク用ナビ、シューベルト J1のヘルメット、OLYMPUSの防水デジカメ等所有しているアイテムも同じ物が多い。そのMさんが今回東京に来られるとの事で、24日(土)の夜
19:30に赤坂のとあるお店で初対面する事になった。指定されたお店には少し遅れて
19:50位に到着。店内ではフラメンコのダンスのショーが行われており、Mさんのテーブル席に着いた。Mさんとはメールや電話だけのやり取りだったが、写真でお顔を拝見していたので直ぐに判った。そこにはMさんと親しいSさんも同席し、フラメンコ、Sさんと事前に何も聞いていなかった私はそのセッティングにちょっとびっくり。そして極めつけはフラメンコのステージ終了後、そのお店に有名人のUさんが入ってきた。

サプライズの連続

 私は都会育ちなのでそのせいか、芸能人や有名人と遭遇する事は多いので特に有名人が同じ店内に居ても特段びっくりすることは無いのだが、ぱっと見た時Uさんだとは判ったが、そのUさんが同じテーブル席に着いてMさんと親しげに会話を始めたのにはさすがにビックリした。(^^;)

 赤坂のそのお店はUさんのお店だそうで、UさんとMさんは軽く25年以上の付き合いだそうだ。Mさんは交友関係が広い方だとは少しは心得ていたが、まさにサプライズの連続だった。結局21時近くまでMさん Sさん Uさんと4人で食事をしながら色々話をし、その後Uさんのお見送りの中お店を出て、3人で渋谷に場所を移し2次会となった。そして24時近くまで楽しい一時を過ごし、Sさんと別れ、Mさんを自宅に迎えた。夜中1時近くに帰宅、2時頃までお話しそして就寝した。

行きたい場所は横須賀

 目が覚めたのは8時をまわった頃。既にMさんは起きていた。そして今日Mさんは15時頃を目処に埼玉の親戚宅に戻ると言う事で、それまでの短い時間を利用し一緒にぷちツーに行く事となった。Mさんの行き先希望は「横須賀」。第三京浜など有料道路を利用すれば十分14時頃までに帰ってこられる距離でもある。ジャケット、オーバーパンツ、ヘルメット、グローブ、そしてスーパーシェルパと一通りツーリングに必要な物はバイクを含め用意出来るので、私がRT、Mさんがスーパーシェルパの2台で行く事となった。 当初はMさんに防寒用にインナージャケットを勧めるが、寒いのは慣れているとの事で着ないまま出発となる。ところが・・・Mさんはその後その寒さに着なかった事を後悔することになる。

 第三京浜 → 横浜新道 → 横浜横須賀道路と混雑も無く快調に進む。天気は晴れ。昨日の様な強い北風は無くなり強風にあおられる心配は無かったが、強い寒気が関東付近まで下りているせいか久し振りに寒さを感じるツーリングとなった。横須賀までの行程は殆どが有料道路の高速走行。Mさんはきちんとミラー越しに確認出来る位置を走行し、先を走る私も安心して走行出来た。さすがMさんはベテランライダーである。横浜横須賀道路の横須賀ICを下りると、Mさんが急にコンビニに入ろうと合図を送ってきた。

Mさん、あまりの寒さにコンビニへ避難

 コンビニにバイクを停めるとMさんが開口一番「寒い〜!」 やはりずーっと高速走行だったのですっかり身体の芯まで冷え切ってしまったようだ。さすがに北海道在住で寒さに慣れているとはいえ、今日の気温は北海道の6月頃の体感温度だとの事。

 Mさんが買ってくれた暖かいコーヒー飲料を飲み身体を温めながら少しだけ休憩。Mさんも今度はインナージャケットを着ての再出発となった。休憩したコンビニから今回の目的地「三笠公園」はほんの少しの距離。三笠公園に無事到着すると公園入り口付近のバイク駐車スペースにバイクを停め、さっそく戦艦三笠を見に行った。

 三笠公園に到着すると子供達が公園内で軍隊式の整列を練習していた。さすが軍港の町とも思える光景だった。公園から見える横須賀湾内はちょっと荒れ気味。湾内なのに白波が立っている。おかげで三笠公園から出ている遊覧船も運休となっていた。戦艦三笠と銅像をバックに写真撮影。そしてせっかくなので戦艦三笠に乗船する事にした。

Mさんは戦艦三笠が横浜の氷川丸と同じ様に海の上に浮かんでいると思っていたようだったが、この戦艦三笠はコンクリートに固められた陸上に固定されている。ところが・・・Mさんは乗船中何故か艦が揺れているような感覚を感じていたそうだ。

レトロな感じの飲食店

 戦艦三笠を一通り見終わり、そろそろお腹が空いたので近場で食事をする事にした。三笠公園の近くにはあいにく飲食店が見当たらない。バイクを三笠公園入口に駐車したまま歩いて飲食店を探した。するとマンションの2Fに「家族亭」と言う飲食店を発見、早速お店の入口まで行ってみた。すると一見営業しているのかしていないのか判らない感じの雰囲気。一応手動の扉を開けるとやはり営業はしていた。(^^;)

大根泥棒!?

 中華料理の飲食店?とはイメージが異なるスナック風の店内には、お店の人と常連さんとが見分けのつかない昔風スナックの様な不思議な世界があった。お勧めのジャンボ固焼きそばを注文し食べたがボリューム満点。Mさんはあと少しを残して完食とはならなかった位である。 常連さんの中に大根を満載した軽トラックの所有者が居て、「好きなだけ持ってって良いよ!」と言ってくれた。お言葉に甘えて大根2本をもらった。大根を満載した軽トラはお店前の路上に駐車されておりそこから2本貰ったのだが、何も事情を知らない第三者から見れば、まさに大根泥棒の様で可笑しくも思えた。Mさんにその現場を写真に撮って貰った。

 お土産の「横須賀海軍カレー」を売店で購入して三笠公園のバイクを停めたところまで戻ると、隼など3台のバイクとライダーと出会う。その中の1人が言うには「横須賀海軍カレー」はまぁそれなりに美味しいと意味深な感想を教えてくれた。(^^;)

 時間が無いので帰り道は行きに利用しなかった「本町山中有料道路」も利用した。しかしこの「本町山中有料道路」、ETCが対応されてなく、しかもゲートは1つしか利用出来なかった。仕方なくサイドスタンドを立て、グローブを脱ぎ、財布をジャケットの内ポケットから出して料金を支払ったのだが、さすがに面倒だと感じた。ちょっとの時間で後続の車が6台も並んでしまった。結局往復8箇所ものETCゲートを通過したが、MさんもバイクでのETC通過を初めて体験。さすがにこれだけ通過するとETCの効果を十二分に体感出来たと感じたそうだ。(^^)

 自宅には予定通り14時頃までには到着。たった4時間半の短いぷちツーであったが、念願のMさんとのツーリングが実現して嬉しい1日だった。次回Mさんとの再会はGWに東北か?夏の北海道での再会かもしれない。(^^)

おわり